M女の隠れ家                                            <2004年5月の日記>


2004年5月の日記

5月23日
最近、仕事がメチャンコ忙しい〜!!
ストレスも、いっぱああああい溜まっているう〜。
疲労が疲れてしんどい!!

ということで、久しぶりの日記の更新です。
なんだか、この春以降、仕事がとてもとって〜も忙しくってホームページの更新が遅れています。
ご期待いただいている方には、本当にごめんなさい。
ここに深く陳謝いたします。

さて、先日とあるSMサイトで「ご主人様は忙しい。」という記述のあるのを見つけました。
その内容をかいつまんで言いますと、「ご主人様というのは自分の性的欲求を抑えつつM女性を満足させるためにいろんなSM手法を駆使するという高度なセルフコントロールが必要であり、またSMの知識や技術も要求されるものなので、かなり高い知的能力も必要である。そういう高いセルフコントロール力や知的能力を持っている人は、当然社会的にもいろんな役割を果たしており、そちらでも重要な人物となっている。だからご主人様としての役割と社会的な役割の両面から求められることが多くなりどうしても忙しくなる」というような主旨だったと記憶しています。(もし違っている部分があったら、ゴメンナサイ)

その記述を読んだ時、大変おもしろい視点だと感心しました。
M女性については僕もいろいろと考察したりしていますが、ご主人様というものについては自分自身のことにもなるのであまり深く考えたことがありませんでした。
でも言われてみれば「納得!!」という点が本当に多くて、大いに参考になりました。

暇なご主人様というのもどうかと思うけど、あんまりにも忙しいのは精神的にも体にもよくないし、第一愛奴との関係にまで悪い影響を及ぼしかねません。
やっぱり適度なのがいいですね。




5月28日
季節が変わり、街を行く人々の服装にも変化が見られます。
半袖姿の人が多くなりくました。
これからの季節は、SMをするときには縄の痕が手首や二の腕に残らないような配慮が必要です。

これまでの季節であれば数日で消えるような縄の痕は、全然問題にはならないんですけど、半袖の季節は帰りの電車の中のことを考えると、あまり強く縛ったりすることが難しくなります。
ある程度経験のあるM女性の方は、その辺を心得ていて、薄いカーディガンのようなものを羽織ってきたりしています。
でも経験の浅い子は、つい普段のように半袖姿だったりするので、僕は女性の服装を見て調教内容も変えます。

でもM女性の中には、縄の痕やキスマークが残っているのがうれしいという人が多くいます。
僕との調教の記録のように感じるそうです。
そういう風に言われると僕もうれしいのですが、やっぱり普段の生活に影響がでることは避けたいので、痕が残らないように細心の注意を払っています。

今は長袖と半袖の切り替わりの季節ですので、S男性は特に気をつけなければなりません。