M女の隠れ家                                            <2004年9月の日記>


2004年9月の日記

9月3日

ようやく9月に入りました。
今年の夏は、とても暑かったので早く涼しくなって欲しいとの思いが強く、9月になるのが待ち遠しい夏でした。
でもまだまだ残暑が厳しいですね。
暑いのはそれほど苦手ではないんですけど、今年ほど暑いとさすがに僕も少しバテます。

暑い夏とともにオリンピックも終わり、9月に入って学校も始まっている人も多いのでしょうか。
街や電車の雰囲気が夏休み気分から変わってきたように感じられます。
街中で制服姿の高校生や中学生を多く見かけるようになりました。
そして、夜、窓を開けていると、虫の音が聞こえてきます。
もう秋なんだなぁと感じてしまいます。

秋と言えばやっぱり行楽シーズンですね。
行楽と言えば、やっぱり温泉です。
愛奴と一緒に温泉に行きたい。
大きな露天風呂、おいしい料理、の〜んびりとくつろげる和室(まあ、洋室でもいいんだけど・・・。)、浴衣に着替えて秋の夜長には愛奴をたっぷりと調教したい。
日中は二人で観光地巡りをするんです。
思い出に残る場所に行って記念写真を撮ったり、おみやげも買ったりします。
特に紅葉の見頃の時期は、絶対に行きたいですね。
その後は、雪も見たい。
窓の外の雪を見ながら食べる鍋料理もおいしそうです。
ああ、もう何となくそわそわしてしまいそうです。

    


9月12日
今年は僕の大好物の梨を食べる機会がありました。
梨ぐらいスーパーで売っているんだから自分で買って食べればいいだけの話なんですけど、先日、愛奴が僕のために梨を持ってきてくれたんです。
皮を剥いて食べやすい大きさに切ったものを、タッパーに入れて持ってきてくれました。
すごくおいしくて、感激でした。
やっぱり愛奴が持ってきてくれた梨はおいしい。
ただの梨とは違うんだと感じます。

好きな人が作ってくれた手作り弁当の中に入っているタコウィンナーも、ただのウィンナーではないんです。
それはもう普通のウィンナーとは全然違う。(タコの格好をしていたという問題じゃなくて。)
特別な思いがこもっているウィンナーなんです。

タコウィンナーのお弁当と梨のデザート。
これはもう感激の嵐のような組み合わせですね。
まるで小学校の運動会です。

9月15日
本格的に涼しくなってきました。
めっきり秋らしくなって、季節が変わっていくのを実感します。

さて、最近、仕事があまりうまく行かず、ちょっとめげています。
運、不運というものに左右されることも多いのですが、やっぱり実力も大切です。
こういう時は、自分の力のなさを感じてしまいます。
でも、もう少し時間が経てば回復する、そう信じて頑張って耐えてみせます。
必ず回復する。
そう信じて・・・・。

9月26日
大切な大切なものを失ってしまったようで、とても悲しい・・・・。