M女の隠れ家                                            <2005年1月の日記>


2005年1月の日記

1月元旦



新年、明けましておめでとうございます。
2005年の新しい年が始まりました。

僕は、今年は新しいことにいっぱいチャレンジしてみたいと思っています。
去年はいろいろと、自分自身で満足のできない点があり、後半はじっと雌伏の時期を過ごしました。
そして、今年は飛躍の年にしたいと考えています。
とまあ、自分が勝手にそう思っていても、なかなか思うように行かないものですけどね。

さて、大晦日は都内は雪でした。
久しぶりの積雪で、車は徐行運転でしたし、人も少なくて静かな日でした。
年末年始の都内は静かです。
そして、僕の生活も静かなものです。
平穏無事といったところでしょうか。

今年は初詣にも行かず、じっとしている予定です。
一人静かに本を読んだりして過ごすお正月。
お酒もほとんど飲むつもりはありません。
読みたい本を3冊も本屋さんで買って来てあるんですよ。
これをこの正月に読むつもりです。

人それぞれお正月の過ごし方は違うでしょうし、毎年毎年同じということもないでしょうけど、僕自身もこんな静かなお正月も珍しい。
ま、こんな年もたまにはいいものです。
あなたは、どんなお正月を過ごしているのですか?




1月3日
昨日、久しぶりに秋葉原まで行ってきました。
パソコンを買い換えたくていくつかを物色していますが、なかなかコレという感じのものがありません。
それにまだ値段も高いですしね。
もうしばらく、検討してみようと思っています。

さて、秋葉原は人でいっぱいなのに少し離れたところにあるビジネス街はとても閑散としていました。
ま、お正月ですから、だれも仕事なんてしていませんよね。
そのビジネス街を、インラインスケートを履いた10人くらいの男女が集団で滑って行ったんです。
「ああ、こんな楽しみ方があるんだぁ。」
って、感心しました。
確かに、街中を普段の日にインラインスケートで走っていたら、危ないですから当然注意されるでしょうけど、お正月のビジネス街なら誰もいませんからね。
スイスイと滑って行って、とても快適そうでした。
いろんなことをする人達がいるものだと、見ていて妙にうれしくなりました。

それで、僕は秋葉原まで何しに行ってきたのかというと、実はローターを買ってきました。
電気店でパソコンを眺めてから、アダルトショップに行ったんです。
秋葉原のアダルトショップも、最近は充実してきましたね。

アダルトショップでも、新年早々から人でいっぱいでした。
特に若い男女のカップルがバイブやドラッグ、SMグッズをペチャクチャとおしゃべりしながら触って買っていく姿には、感心してしまいました。
二人で一緒にアダルトグッズを買うなんて、にぎやかでおもろいですね。

最近では若い女の子が一人でアダルトショップでバイブを選んでいる姿も、よく目にします。
そんな子が近くにいると、逆にこっちが恥かしくなって商品を選べなくなったりします。
でも、やっぱりアダルトショップは男が静かに、あの時のことをイメージしながら買物をする方が、合っていると感じます。
店内で若い女の子の声が聞こえると、僕はなぜか緊張しちゃいます。

1月9日
もうお正月気分もすっかり抜けて、仕事バリバリモードに入っています。
だから、仕事で忙しい。
まあ、当然と言えば当然なんですけどね。
いつまでもお屠蘇気分と言うわけにもまいりませんから。

さて、新年ということもあって、とうとう新しい携帯電話を買いました。
最近の携帯電話は随分と進化していますねぇ。
いろんな機能があって、驚きです。

説明書をじっくりと眺めているところですけど、これがまた難しい。
こんなに多機能にする必要があるんだろうかと考え込んでしまいます。
普段、この内のどれだけの機能を使うんだろう。
多分、全機能の2割くらいしか使わず、他の8割方の機能は宝の持ち腐れ状態になるんじゃないだろうか・・・。
そんな気がします。

もっと使う機能だけに絞り込んで、その分を安くするとかできないものでしょうか。
と電話会社に言いたい気分でした。
あのすごい機能を十分に使いこなしていて、まだ足りないという人も多いのかもしれませんが、僕には使い切れないようです。

ずっと以前、子供の頃に、サバイバルナイフキットみたいなものが流行したことがありました。
ノコギリに缶切りや栓抜き、ヤスリに爪きりに磁石など、いっぱいくっ付いていて、すごい多機能ナイフです。
このナイフキットさえあれば、ジャングルで遭難しても大丈夫・・・みたいな謳い文句だったんです。

僕もそれを買いましたけど、とうとうジャングルに行くことは一度もありませんでした。
ただのナイフとしても、重くて使いにくいだけのシロモノでした。
何だか最近の携帯電話もそれに似ているような気がします。



1月11日
昨日は「成人の日」でした。
今年、成人になる方もこのホームページを見ているのではと思います。
新成人、おめでとう。

僕が成人の日を迎えたのは、もうずっと昔のことです。
あの頃のことを思い出すと、少し胸が痛くなるような気がします。
恥かしいような悲しいような・・・。
とても素晴らしい思い出と言えるものではありませんね。
真面目で無知な青春でした。

本当に無知でしたねぇ。
今から思えば、何も知らないのにまるで何でも知っているかのように錯覚していた時期でした。
自分が無知であることすら知らない、まさにことわざのとおりです。

学校で教えていることなんて、ほとんどは実社会では使い物にならない知識ばかりで、実際に必要な知識はいろんな辛い経験から学びました。
もっと効率的に実社会で必要な知識を学ぶには、「人生の師」と呼べる人と出会うことが必要だと感じます。
僕にはそういう人との出会いはありませんでしたけど・・・。
人生の師と呼べる人と出会えた方は、幸運だと思います。

やっぱり「人との出会い」って、とても大切なものですね。
つくづくそう感じます。

1月16日
今日は、とても寒い日です。
でも実は僕はこんな冬らしい寒さが、好きなんですよ。
身が引き締まるような気がします。

さて、「秘密の小部屋」がなくなってからというもの、どうも何だか物足りないような気持ちになっています。
あそこは僕にとっても居心地のいい場所だったのかもれません。
だから最近、何だか妙に落ち着かない気分です。

また新しく何かできないか考えてみたいと思います。




1月17日
今日は、あの「阪神淡路大震災」から丸10年の日です。
昨年は新潟の中越地震やスマトラ沖大津波など、地震に関連する災害がありました。
でも、こういう災害がいつ自分の身に降りかかってくるか分からないものだということを、常に自覚している必要があると感じています。
今の状態がいつまでもこのまま続くという保証はどこにもありません。
ある日突然に壊れてしまう、そんな気がします。

だから今を精一杯、生きたい。
ひと時もおろそかにしたくない、そんな気持ちです。
今という時間がとても大切に思えてきます。

あるかどうかも分からないような遠い将来のために、今という大切な時間を無駄にしたくないという気持ちなんです。
今ことの時を大切に生きたいという思いを新たにする「1.17」です。

1月19日
最近、昔をなつかしく思い出すことが多くなりました。
ずっと昔の思い出が突然よみがえってきたりします。
「歌の大辞テン」という番組を時々見ますけど、昔の歌を聞いたりすると、なおさらそんな感じを持ちます。
別れた女性のことを思い出して、ホロリとしたり・・・。

でも、人生はまだまだ長いという気持ちもあります。
これからやりたいこともいっぱい。

さあ、今日からまた新しい気持ちで頑張ろう!
新しい第一歩を踏み出します。

1月24日
今日、とあるサイトを見ていたら、「苦痛と快楽がランダムに襲ってくる状態にいると、快楽ばかりが続くよりも中毒になりやすい。」という記述に出会いました。
これはギャンブルについて書かれているとても真面目なサイトの記述です。
僕はほとんどギャンブルはしないんですけど、偶然に見つけたものです。

ギャンブルではいつも勝ってばかりいる強い人よりも、不規則に負けたり勝ったりしていて、精神的な苦痛と快楽に不規則に襲われている人の方が、ギャンブル中毒になりやすいのだそうです。
そして、その方が勝った時の精神的な快楽が何倍も強いということです。

精神的なギャンブル中毒になると、ますますその深みにはまって行くようになるそうです。
寒い朝や雨の日に開店前のパチンコ屋の前に並んでいる人たちを見て「どうして、そこまでして・・・。」と思っていましたが、これで理由が分かりました。
あれは中毒だったんですね。

ま、ギャンブルの話はさておき、この「苦痛と快楽がランダムに襲ってくる・・・。」という部分は、まさにSMだと感じました。
自分ではコントロールできない苦痛と快楽に不規則に襲われる状態に置かれると、そこにはとても強い快楽があるのです。
SMの本質を見たような気がしました。

でもM女性が悲劇に陥るようなことのないように、しっかりとコントロールしてその願望を満たしてあげるのも、S男性の役割だと思います。
M女性をSM中毒にしてしまうのではなく、その喜びと素晴らしさを知ってもらい、人生を豊かにしてあげるのがS男性の務めです。
今回は、またひとつ勉強になりました。

1月29日
また最近、夜にこのサイトに入ろうとしても入れない状態が続いています。
アクセス数が多くなりすぎているのでしょうか・・・・。
元々、無料のホームページスペースを使っているんですから、あまり贅沢もいえませんけど、ちょっと頻度が高すぎるように思います。
ただいま、対応策を検討中です。

さて、調教写真館のゆうなの分がようやく完結しました。
随分と長くかかってしまいましたけど、少しほっとしました。
まだ、他の子の分は作成の途中ですから、これからも続けていきます。
それに、小説も未完のままですしね。
「秘密の小部屋」の作り直しもしなきゃ。

あ〜。
やらなきゃいけないことが、いっぱいだぁ。