2005年11月の日記

11月4日

早いもので、今年もあと2か月となってしまいました。
つい、この間まで暑い暑いといっていたような気がします。
今はマフラーをしている人を時々見かけるようになり、夕方はすぐに暗くなってしまいます。

そして、このサイトを立ち上げてから、この11月10日で丸4年になります。
今月は4周年の月です。
本当は何か企画したいんですけど、今はサイトのお引っ越し作業で何かと忙しくて、そういう企画にまで手を回している余裕がありません。
なぜお引っ越しをするかというと、これまでは無料のホームページスペースを使っていたんですけど、それではアクセス数が多くなるとなかなか入れないという事態になってしまいました。
無料ですからあまり贅沢もいえないわけです。

そこで今度はちゃんとした料金を払って、しっかりと管理されているホームページスペースを借りることにしたんです。
そのためのお引っ越し作業です。
有料のホームページスペースでは、もうどの時間帯でもどれだけアクセス数が増加しても入れないということはないと思います。

もうしばらくのご辛抱を。



11月10日
今日で、このサイトを立ち上げてから丸4年になりました。
この4年間を振り返ると、いろんなことがいっぱいありました。

辛かったことや悲しかったことも多くて、心がギュッと絞り上げられるような思い出もあります。
でも、楽しかったこともいっぱいあって、そのどちらもが僕には大切な大切な思い出です。
この日記は、それらを忘れないようにするためにも、とても役立っています。

日記と写真は、僕の薄れ行く記憶を留めておいてくれます。
愛奴と一緒に行った旅先での思い出、ホテルの食事や部屋の情景、一緒に歩いた道までもが、とてもなつかしく思い出されます。
今はもう別れてしまって連絡を取ることもできないけど、思い出は残っています。
この日記とともに、いつまでもきれいな思い出として残しておきたい・・。

11月13日
もう街角ではクリスマス・ツリーが目に付くようになりました。
商魂たくましい方々がクリスマスを大きな稼ぎ時と捉えているため、年々そのスタートが早くなっているように感じます。
このままのペースで行くとあと10年くらいで、10月中からクリスマスソングが聞こえるんじゃないかと思ってしまいます。

さて、このホームページになかなか入れないという状況が続いていますが、やっと有料スペースも決まりもう少しでお引っ越し作業に取り掛かれる予定です。
何とか12月前半くらいにはお引っ越しを完了したいと思っています。
でも年末は仕事も忙しいしなあ・・・。
頑張らなくっちゃ・・・。

それと、新しくSMホテルの紹介のページを作っています。
まだ1ページだけですけど、アップしました。
僕がよく利用しているアルファ・インのご紹介です。

もちろん、僕はアルファ・インとは何の関係もありせんので、紹介したからといって全然何も見返りもありません。
日本で一番有名なSMホテルですから、一体どんなホテルなのかということを利用者の視点から書いています。
最近では名古屋にもいいSMホテルができたと聞いていますが、東京にもこのアルファ・イン以外にもっと多くのSMホテルがあればいいのにと思います。
きっと儲かると思うけどなぁ・・・。

11月22日
M女性の中には、縄で縛られるととても気持ちがよくなるという方がよくいます。
以前、ある人を調教したのですが、その時に縄で縛り上げて立たせて写真を撮っていると、何だかふらふらとしだして今にも縛られたままでたおれそうなくらいに不安定な感じになりました。
そっと肩を抱いて床に寝かせてから聞きますと、「ほわ〜んとして、とても気持ちがいい。」といっていました。
ぼーとした表情で、深い息をしながら僕に言いました。
よく言われる「縄酔い」という現象です。
縄で縛られることで極上の幸福感に浸ることができるのです。

こんな幸福感は、他ではめったに味わうことはできません。
僕も味わったことはありませんし・・・。
M女性が縄で縛り上げられた時にだけ体験できる幸福感です。

もちろん、いくらM女性だからといって、いきなり縛り上げてもだめです。
その前の羞恥責めや言葉責めなどの調教を経てからの縛りのほうが、より効果があります。
段階を順序よく踏んで調教に入り、そして縛りに至ることが大切です。
そして、調教の後はベッドの中での楽しい行為やおしゃべりというアフターも大切です。

料理と一緒で、いきなりメインデッシュというのでは折角の味も台無しです。
前菜があり食後のデザートがありで、コース全体がひとつの料理となっていることで最高のハーモニーが生まれると思います。
SMもそんな楽しみ方をしたいですね。

11月26日
今日も小春日和でとてもいい天気です。
風もそんなになくて、サイクリングに絶好の日ですね。

こんな日の僕の行動パターンは、サイクリングに行ってその帰りにご近所のダイエーでお鍋の材料を買い込み、晩はお鍋と熱燗で一杯というのが一番多いんですけど、今日は残念ながらそのパターンは取れません。
今日は都内でセミナーが開催されますので、それに参加します。
こう見えても(どう見えるんだ?)、いろいろと勉強はしているんですよ。

いくつになっても、勉強は大切です。
ただし、本当に自分が知りたいことや興味のあることを自発的に学ぶことが大切です。
人から言われたからとか、出世のためとか押し付けられてというのは、学ぶ姿勢としては不純ですし、それではなかなか自分の身に付かないと思います。

学校で学んだことがなかなか身に付かないというのは、自分が本当に学びたいと思って学んだことではないからなんでしょうね。
それと学校で教えていることは、どうも回りくどい。
無駄な部分が多すぎます。
もっと肝心な点だけを、ストレートに教えてくれれば、短時間で役に立つ知識を得られるのにと思っています。
試験のための教育になっているようです。
本当は教育の進捗状況を確認するために試験があるのだと思うんですが、本末転倒しているようですね。

11月27日
今日は、気持ちのいい天気の日曜日です。
そして、朝目覚めた時、なぜかふと去年の秋に別れた愛奴ゆいのことを思い出しました。
去年の日記を見ていただけれは分かると思いますが、去年の9月26日に別れました。
別れてから何ヶ月も心の痛みを感じていて、それ以降も時々ゆいのことを思い出しては悲しくなっていたものです。

それなのに、いつの間にか思い出さなくなっていたんですね。
今日、初めてゆいのことをずっと思い出していなかったと気が付きました。
そして今ゆいのことを思い返してみても、心が痛くないんです。
心の痛みもいつしか消えていることにも、やっと気付きました。

別れた当初は、あの心の痛みがまるで永遠に続くかのように感じていたものですけど、やっぱり時の流れが解決してくれるんだということを、今日あらためて知りました。

でも、どうして今朝突然にゆいのことを思い出したのかは、僕には分かりません。
もうゆいとの連絡はあれ以降全く途絶えてしまっていて、その後のことはまるで分かりません。
まだゆいが僕のこのホームページを見てくれているのかもしれませんし、そうでないかもしれません。
ただ、元気でいることを願うばかりです。

11月30日
昨日、国会で「マンション強度偽装」問題で参考人の質疑応答があり、テレビのニュースや新聞でその内容を見ました。
かなり興味深いものでしたね。

だって、主役(姉歯建築士)がいないのに、脇役だけであれだけ盛り上がるんですから。
その脇役も、それぞれがなかなかの個性派でしたよ。
小嶋ヒューザー社長の国会での「ふざけんじゃないよ、ばかやろー。」という凄みのある罵声と、鋭い目つき。
そして若くてイケメンだったイーホームズの社長。
外見は対照的な二人でしたが、どちらにも共通しているのは責任のなすりあいです。

国会という場で全国ネットで放映されているという大舞台で、しかも主役抜きであれだけ盛り上がるんですから、これで主役が入ったらどうなるんだろうって想像してしまいました。
実際にそのマンションに住んでいる方々や罪のない関係者の方々は大変だろうと思いますが、舞台を見ている観客としてはちょっと不謹慎ですが「なかなか楽しめました。」

これは第一幕のはずで、その後に第二幕が続いて欲しいですね。
もちろん、今度はちゃんと主役(姉歯建築士)も入れて。