M女の隠れ家                                            <2005年6月の日記>


2005年6月の日記

6月3日



最近、週刊誌などで「監禁王子」として、女性に首輪を付けて暴行・監禁した男が話題になっています。
イケメンだとかで、おもしろおかしく書かれているようです。
女性に犬の首輪を付けて監禁していたとか、ご主人様と呼ばせていたとか、表面上はSMの行為に似ています。
でもそれらはSMの行為に似ているというだけです。
SMとは根本的に違うことだということを、僕は声を大にして言いたい!!

SMはお互いの「思いやり」や「信頼」があって初めて成り立つものです。
「思いやり」や「信頼」のない行為は、ただの暴行です。
それはまぎれもない犯罪なのです。

S男性はM女性に対して深い思いやりを持ち、M女性からの信頼を得て初めてSMになるのです。
SMはよく「心のセックス」と言われますが、心がなければなりません。
単なる肉体的な行為だけでは、その満足も表面的なものとなりSMの本当の深い満足は得られないものです。

僕は「SMは心」だと考えています。
僕の中では、心の通わないSMは存在しません。
だからあんな監禁王子のやったことをSMだといわれると、「とんでもない!」と反論したくなります。

6月12日
関東地方は先日、梅雨入りしました。
今日もどんよりとした天気で、どこへも出かける気になれず、部屋の中でいろんなサイトを見たりして過ごしています。

先日、例の「監禁王子」のことを書いた後で、いろんな雑誌やサイトでも話題になっています。
あのイケメンが話題の中心となり、女性のファンクラブができているとか、彼から調教されたいという女性からの書き込みがあったりとかしているそうです。
確かにあれだけの容貌であれば、ファンクラブができるというのも分からないではありません。
オウム真理教の時にも同じような動きがありましたから。

僕も本音は少し嫉妬してしてしまいます。
SMは心だといいながらも、少し悔しい気がしますね。

でも今回の事件では、調教という言葉やSMがいろいろと話題になりました。
本当のSMとこの監禁王子が行った行為とが混同されてしまい、世間一般の人の多くがSMを誤解してしまったようです。
ノーマルな人には元々理解されにくいものですけど、さらにこの事件がSMは犯罪と同意語であるかのような誤解につながってしまったのではと危惧します。

S男性がM女性を愛する行為が、犯罪と混同されることのないように祈ります。
そして、M女性には本当のS男性と犯罪者を見分ける方法を知って欲しいと思います。
S男性には、M女性の対する深い愛情と思いやりが根底にあります。
それはしばらく話をしていると、M女性ならば自然と分かるはずです。
一方、ただの犯罪者には偽りの言葉しかなく、その下には性欲があるだけです。
その違いをしっかりと見極めてください。
見かけや容姿に惑わされることのないように・・・。

6月24日

僕は春夏秋冬のどの季節も好きですが、梅雨だけは苦手です。
この湿気が苦手なんです。
ですから、それぞれのいろんな季節の花もみんな好きなんですけど、アジサイはあまり好きではありません。
誰にでもやっぱり何か苦手なものもあるものです。

SMにおいても、人には「これのプレイはダメ」というものがあるものです。
M女性でまだ実際のSMを経験したことがない人でも、ある程度はこれは自分には向いていないというプレイがあるはずです。
初めてSMをするとき、そういうことを相手のS男性にちゃんと伝えてくださいね。

S男性にとっても、M女性の好みを知ることはSMを楽しむための最低限のルールですから。
もしS男性が単に自分がやりたいことをM女性に強要するだけなら、それはSMではなくなってしまいます。

僕の場合は、M女性が僕の調教によってとても興奮し、ついにイクという瞬間にまで導いてあげること、それが僕の満足なのです。
僕の調教でM女性が満足する姿を見たいのです。

先日、あしあと掲示板に、僕に「新しい奴隷ができたのですか?」と書いてくれた方がいましたけど、残念ながら新しい奴隷はできていません。
僕のスケジュール手帳には、休みの日は空白が続いています。
去年の手帳は休みの日はほとんど予定が詰まっていたのに、随分と変わったものです。
こんなに空白だらけのスケジュール手帳は何年もなかったことです。

だから最近は休みの日はもっぱら本ばかり読んでいます。
ジャンルは実用書から小説まで幅広くいろんな本を読んでいます。
でも、もうそろそろ本を読むのにも飽きてきました・・。