M女の隠れ家                                            <2006年10月の日記>


2006年10月の日記

10月1日

10月に入りました。
9月のカレンダーの紙を破いたら、あと残り3枚になりました。
例年はこんな寂しさを感じることはあまりないんですが、今年は何だか不思議な寂しさを感じます。
時が過ぎて行くことに、寂しさを感じます。



今年の秋はとても静かな秋です。
この10月は今のところ誰とも会う予定もありません。
休みの日は、全て空白です。
こんな静かな月も久しぶりですね。
晴れていたら、また洗濯とサイクリングで一日が終わるようになると思います。
近くの野原には、ススキの穂が揺れています。

10月2日
とても静かな日を過ごしています。
何も急ぐようなこともなく、仕事から帰ってきても秋の夜長をのんびりと過ごしています。

そんな時、ふと過去の愛奴たちの写真を見返してみたいと思い、いくつかの写真をながめていました。
写真を見ていると、その時その時の情景が鮮やかに甦ってきます。
何年も前のことであっても、まるでつい先日のことのように思い出されます。

今はもう別れてしまってお互いに所在も分からず連絡も取れなくなってしまっていますけど、あの時はご主人様と愛奴であったということを僕は忘れたくありません。
大切な大切な思い出です。
僕だけしか開くことのできない厳重なセキュリティーと秘密の二重のパスワードでしっかりと守られたあるところに、その写真は僕の思い出として保管されています。
僕以外の誰も決してそれを見ることはできません。

その写真を見ていて、愛奴たちの縛られた手の表情に、僕は見入ってしまいました。
とても色っぽい表情を、そんな縛られた手や指が表していたのです。
調教の最中は気付くことのない手の表情が、写真には残っていました。
コラム−11にその一部を載せています。

写真の顔はお見せできませんのでモザイクで隠していますけど、手や指の表情がとてもはっきりと愛奴の心を表しているような気がします。
写真を見返していると、また愛おしさが込み上げてきます。

10月4日
他のSMサイトを見に行って思うことは、SMっていろんな人がいるもんだなあってことですね。
人によってその好みややり方が様々で、とてもバラエティに富んでいます。
だからこそ、お互いの相性というものが普通のセックス以上に大切になるんだと思います。

僕の調教は羞恥系や命令系のプレイが多く、どちらかというとソフトなタイプだと思いますので、初心者の方に向いていると思います。
でも僕は経験が豊富ですから、女性の方の好みの合わせていろんなことができますので、ハードが好みの方でも問題なく対応できますよ。
まあ万能タイプですね。

他のサイトのプレイを見ていると、ハード系一本やりというのもよく見かけます。
それもいきなりのハード!
「相手の女性が初心者なのに、いきなりそんなハードなことをして大丈夫?」って言いたくなるようなことをやっています。
もし相手の女性がSM未経験で、SMサイトや雑誌を見ただけの思い込みや想像だけでハード系を好みだといっていたなら、それは大変なことになりかねません。

僕はSMというのは元来が危険な行為だと考えていますので、それはとても慎重です。
実際に会う前にメールと電話でいろんなお話をして、相手の好みや経験などを十分に聞き、そして実際に会って調教するときでもまずはソフトな感じのプレイから始めます。
事前のお話と実際に会って調教した時では、特に未経験の女性の場合は違うこともよくありますからね。

ところが他のSMサイトの男性のブログを見ていたら、調教依頼のメールが来てほとんど日数も経っていないのにすぐに会って、いきなりプレイをするとか。
しかもSM未経験の若い女性に対して。
そんなことして、もしものことがあったらどうするのって、他人のことですけど心配してしまいます。

SMはM女性を無防備な状態にして調教するものです。
だからS男性には、根底にM女性への深い思いやりの心が必要だと考えています。
無防備になっている女性に対して、一方的に自分がしたいことをするのは、SMではなくただの暴力になりかねません。
S男性はM女性に対して圧倒的に優位な関係でプレイをするのですから、そこには自分の欲望よりもM女性の希望を優先するという気持ちが絶対に必要です。
他のS男性のブログですけど、それを見ていて、ついそんなことを考えてしましました。

10月5日
今日こそ、本当に5日です。
昨日はこの日記の日付を間違えてしまいました。あしあと掲示板のカキコミで指摘されて初めて間違いに気付きました。
恥ずかしいなあ・・・。

さて、僕は、SMの初めのうちはソフトにそして少しずつ、相手の女性の反応を見ながら調教していきます。
言葉で責めてその時にどんな反応をするか、軽く肌を触ったらどんな声で感じるのか、麻縄を肌に垂らしたら・・・、など縛り上げる前でもいろんなことをして、相手の女性の反応を確かめ、少しずつ調教を進めていくのです。
そして4〜5回の調教を過ぎたくらいから、本当のSMの素晴らしさを知ることのできる調教をしていきます。
だから、5回目くらいまでは、まだ準備段階といったところでしょうか。
まあ、相手の女性にもよりますので、いつもこうだとは言えませんけど・・・。

10月6日
最近は雨の日が多いです。
僕は、やっぱり青空の日が好きです。
雨だと何だか元気も出なくなりそう・・・。



特に秋の雨は、寂しさを感じさせます。
今、僕は休みの日でも誰とも会う予定もなくただ時間を持て余して、ぼんやりとインターネットのサイト巡りをしたり、音楽を聴いたりという過ごし方をしています。
これまでにも何度も別れを経験し、その度に傷ついてその傷から立ち直るまでにいろんな思いを感じ、時間もかけてきました。
でも何度経験しても、別れた後の心の整理がつくまでは辛いし、それが上手になるというものではありませんでした。
いつもいつも別れは辛く、別れに慣れるということはありませんでした。

雨の日には、ついそんなことを考えてしまいます。

10月7日
最近はこの日記の更新も頻繁に行っています。
・・・というか、それだけヒマだということでもあるんですけど。
休みの日に誰とも会う予定がないとなると、こんなにも時間を持て余してしまうものなのかと実感しています。

以前は多い月だと1か月に6日くらい誰かと会って調教していた時期もありました。
僕はサラリーマンですから、月の休みの6日間が調教となると、もう休みの日はほとんどがそれで取られてしまいます。
一人暮らしをしていると、買い物や掃除・洗濯なども自分でしているので、残りの休みは大忙しでした。

でも今はとてもヒマです。
あまりにヒマなのも、いいことではないように思います。
月に2〜3日くらいは、誰かと会って調教するというくらいが一番いいようです。
でも今は誰もいない・・・。

10月8日
他のサイトを巡っているうちに、ふと気付きました。
僕のHPは、意外とコンテンツが多いことを。
というか、他のサイトはコンテンツがまだ出来上がっていないのかもしれませんけどね
また最近はブログが流行っているせいか、日記以外にはあまりコンテンツのないサイトもあります。

僕が2001年の11月11日にこのサイトを立ち上げた時は、コンテンツも、ご挨拶、プロフィール、日記、調教写真館の一部、リンク集、あしあと掲示板くらいでした。
それが丸5年も経つようになると、随分といろいろと増えてきたものだと感じました。
当初は少ないコンテンツのままでサイトをアップし、そしてすぐにヤフーに登録申請したんですけど、やっぱり「こんな少ないコンテンツでヤフーに登録されるんだろうか、恥ずかしいなあ」って思っていましたから。
その当時に他のSMサイトも見ていたんですけど、その時は先輩格のサイトのコンテンツの多さに感激したものでした。

今では、他のサイトの管理者が「コンテンツが多いですねぇ」と呆れてしまうほどになりました。
少し多すぎるのかもしれないなあって思っています。
整理しようかなあ・・・。
でも、いざどれかを削除しようと考えると、どれにもそれぞれに愛着があってなかなか捨てがたい・・・。
難しいものです。

10月9日
今日はお休みです。
のんびりと秋の日差しの中で、いろんなサイト巡りを楽しんでいます。

僕は今、調教する人もいなくて、仕事が休みの日は時間が空いています。
調教希望のM女性の方は、今がチャンスですよ(笑)
こんな時は、そう多くはありませんから。

僕の奴隷になりたい、本物のSMを経験してみたいと思っている人は、今のうちにメールを送ってくださいね。

調教希望メール

「何でも掲示板」にカキコミされていたユキさんのように、変な男に引っかからないように注意してください。
本物のSMは本当のS男性にしかできないことです。
相手の男性が、本当のS男性かどうかをしっかりと見極めることです。
見極める方法は、「感じる。」ことです。
メールを何度かやりとりをしているうちに、自分のM性にピンと感じるものがあるはずです。
この人は自分の本当の気持ちを分かってくれる人だと。
その人が本物のS男性です。

あなたがM女性なら、メールの表面上の言葉ではなく、メールの言葉の奥にある「雰囲気」で「感じられる」はずです。
相手の男性が本物のS男性かどうかが。

本物のS男性だけが、M女性を満足させてあげることができるのです。
僕は本物のS男性ですよ。
あなたの望みは何ですか?

10月11日
いいS男性との出会いは、本当に難しいものですね。
掲示板やメールでS男性と知り合っても、その人がどんな人なのか、SMの好みは、技術は、そしてM女性への思いやりと優しさを持っているかどうか・・・、それらを見極めるのはとても難しいことです。
サイトやブログを作っているS男性の中にも、書いてあることがどこまで真実なのかと僕が見て疑問の思う人も多くいます。
書いている文章をS男性である僕が読むと、どうもおかしいと感じる点があります。
特にブログの場合は矛盾点がバレやすいんですよ。

書いてある文章そのものやその行間から、M女性への思いやりが伝わってこないS男性の場合は、本物のSMをしているとは僕は思えません。
M女性への思いやりを持っていないSMは、とても危険な行為なのです。

思いやりを持っているということと、調教が厳しいとかやさしいというのとは別のことですよ。
厳しい調教をしていながらも、その奥にM女性への確かな思いやりを持っていることが大切なんです。
SMへの確かな知識と調教の技術、そしてM女性への思いやり、それらを全てあわせ持っているS男性と出会うことは、本当に難しいことだと思います。

そして僕は今、余裕があります。

10月13日
「M女のアンケート」を8月20日から開始して、今日で投稿数が200件を超えました。
その集計結果を見ると、上位は
1位、狂うほどにバイブやローターでイカされたい  30人
2位、管理人から調教されたい             23人
3位、縄で縛られてみたい                19人
4位、首輪を付けられたい                11人
5位、浣腸されたい                    10人 
5位、恥ずかしい言葉を言われたい          10人
7位、ロウソクを垂らされたい               8人
8位、ローターでいじめられたい             7人
8位、レイプされたい                   7人
10位、縛られた格好で外に連れ出されたい     6人
10位、クリップを乳首に付けられたい         6人
10位、鞭でぶたれたい                 6人
10位、アナルをローターやバイブでいじめられたい 6人
となりました。

9月2日の日記に書きましたけど、あの日でちょうど100人でした。
100人の時とは少し変化が見られますね。
もうしばらく続けてみようと思います。

この中で僕が意外だと感じたのは、5位の浣腸されたいと、8位のレイプされたい、10位の縛られた格好で外に連れ出されたい です。
特に浣腸は僕の調教ではこれまでに写真館にも日記にも出てこないプレイで、実際に僕もあまりしないんです。
それとレイプ願望というのが、これだけあるというのも驚きでしたね。
僕はレイプはしませんけど・・・。

また、縛られた格好で外に連れ出されたいというのも、僕はあまりしてきませんでした。
好きなんですけど、こういう危険を伴う行為には、かなり慎重なんです。
でも、これはなかなか興味深いアンケート結果です。

10月14日
休みの日はのんびりといろんなサイトを見たり、日記の更新をしたりしていますけど、それでも時間を持て余してしまうので、部屋の掃除ばかりをしていました。
すると、部屋が段々ときれいになっていって、今ではもう床がピカピカです。
窓の影が床に写るほどになってしまいました。
まあ、それはそれなりに気持ちのいいものですけど、いつまでもこんなことをしているのもどうかと思います。

さあ、どうしようかなぁ。
新しい小説も書きたいし・・・・。
テーマも大筋も大体決まっているんです。
少し書き始めてみようかとも思っています。
今度は長くなりそうな内容です。



秋の夜長はお酒でも飲みながら、のんびりと小説でも書いてみましょうか。
でもそんな小説は後で読み返すと大体がボツですけどね。

10月15日
初めてSMをした時、あなたはどんなだっただろう。
ご主人様の前に立たされ、ご主人様の命令を受けて自分の手でスカートをめくるその時、あなたは何を考えていたのだろう。

ご主人様の命令で一枚ずつ服を脱いでいく。
その様子をご主人様はイスにすわったまま、じっと見つめている。
羞恥のストリップショーだ。

ショーツとブラジャーだけになった時、もう脱ぐものがないと感じた。
これは脱げない・・・。

そんな心を見透かしたかのように、ご主人様は私のところにやってきて、ショーツを膝まで引き下げた。
「ショーツはそのままだ」
戻すことは許されなかった。

股間を両手で必死に押さえ、屈みこみたい気持ちでいっぱいになった。
恥ずかしさで顔を上げられない。
自分のつま先だけを見ていた。

・・・そんな奴隷の姿を見るのが、僕は大好きです。
奴隷の心が揺れている。
もっともっと揺らしたい・・・、僕はそれを楽しんでいます。

10月16日
愛奴と一緒にホテルに入って、そのままほとんどSMをすることもなくずっとベッドの中で抱き合っていることがあります。
僕はホテルに入ると大抵5〜6時間くらいは、そこにいます。

その間、ほとんどベットの中で抱き合っている・・・・。
SMもしないで・・・。
そんな日が時々あります。

愛奴は、ぎゆっと抱きしめてキスして欲しいといいます。
SMもして欲しいけど・・と。

SMと抱き合っているのと、どっちがメインなんだろう。
初めはSMだったような・・・と疑問に思ったりします。
まあ、僕もどっちも好きなんですけど。

10月17日
昨日の続きです。
ホテルのベッドの中で、5〜6時間もSMもしないで一体何をしているのとお思いの方もいるでしょう。
そんなに長い時間・・。

でも、あっという間なんですよ。実は。
もうそんな時間なの・・って、愛奴が不思議がります。

ベッドの中では、キスをして、抱き合って、触りあって、フェラをして、舐めあって、くすぐりあったりします。
そして、いろんなお話をして、食事もベッドで食べます。
そして疲れたら眠ります。
そんなことをしていると、もう帰る時間になります。
お風呂に入り、身支度をしてピアスを付けたら、寂しさからまた僕にしがみついてきます。
その仕草が、いじらしい・・・。

「次はいつ・・・。」
そう言いかけて、言葉を飲み込んでいる。

ホテルの外には、もうネオンが光っていました。

10月18日
北朝鮮が地下核実験を強行し、地政学的リスクが一気に高まっています。
2回目の核実験もするようです。
ミサイルも核も持っている国の指導者の「将軍サマ」は、何を考えているのかさっぱり分かりません。

隣の家に、キチガイがライフルと刀を持って住んでいるようなもんです。
とても危険な状態にあることを、認識させられます。
最悪の場合は、戦争・・・。







10月19日
人の人生というものは、誰もその先がどうなるのか予測できません。
事故や病気で、突然にその終末を迎えることもあるのです。
日本にいれば、いつどこで地震があっても不思議ではありません。
そこで、あなたの人生が突然に終わってしまうかもしれないのです。

昨日、書いたように突然戦争が始まるかもしれない時代になりました。
いつもどおりに地下鉄に乗っていたら爆発が起きたり、いつものオフィスに出勤したらジェット旅客機が突っ込んできたりもします。

だから、僕は今日という日を、今という時間を精一杯、生きていきたい。
やりたいことを明日に先延ばしして、後悔したくないんです。
今のうちに、やれることをしたいんです。

僕の人生は僕が決めます。
僕の望むことを僕が自分で決めて、自分で行います。
そして後悔はしません。

10月20日
新しい小説を書き始めています。
実際に書き始めると、構想の時とは違った考えが浮かび、一部ストーリーの変更も発生しています。
今回の小説はこれまでの小説とは全然違って、長さも数倍になるほどです。
一体、いつ完成するのか先が見えません。
気長に、ご期待くださいね。

さて、画像掲示板にミスキャンの準ミスについてのカキコミが続いています。
僕が間違いだったと書いているのに、いつまでもなかなかしぶとい。
でも、こういうカキコミに手を加えたりせずにその成り行きを眺めているのも、意外と楽しいですね。

僕って、ひねくれ者かもしれない・・・。

10月21日
今の有料ホームページスペースにお引っ越ししてから、昨年までのようになかなかサイトに入れないという問題は解消しました。
月々の経費はかかっているんですけど、まあしょうがない。
アフェリエイトで少しはその経費をカバーできそうですので、多少サイトの中に見づらいものが入っていますけど我慢してくださいね。

でも、さすがにお金を取っているサーバーだけあって、ちゃんとアクセスデータなども取れます。
僕のこのホームページには、一日平均で2万ページビューくらいあります。
  (ページビューとは、PVと書いたりもします。例えば、100人の人がこのサイトに来て、一人平均5ページを見たとすると、PVは100×5=500となります。)
そして、そのほとんどが調教写真館です。

みなさんは、調教写真館を見に来ているような感じですね。
しかも、新しいページをアップすると、翌日にはそのページのページビューが跳ね上がります。
みなさんが新しい調教写真館のページのアップを楽しみに待っていてくれるのが、よく分かります。
           

次にSM小説、そして、SMホテル、SMの道具たち、コラムという順でしょうか。
この日記は、当月分はよく見てもらっていますけど、以前の分はあまり見られていません。

この数字を見ていると、調教写真館や小説を、頑張って書かなきゃって思うんですけど、あれは結構大変なんですよ。
書くのは大体、夜になります。
僕は、日中は多忙なビジネスマンですから・・・。

10月24日
テレビのニュースで、幼児虐待や小学校でのいじめによる自殺のことを伝えていました。
なんと、悲しい。。。
そんな幼い子供たちが、とてもかわいそう・・・・。
涙が出てきます。

僕はバツイチで、家庭を作ることに一度失敗しています。
だから、家庭がとてもとても大切なものだと思っています。
親から虐待されている子供は、一体誰を頼ればいいのでしょうか・・・。
どうしてこんな悲しいことが起こるのでしょうか・・・・。

涙が出ます。
テレビのニュースを見続けることができず、テレビのスイッチを切りました。
あまりにも辛い・・・。
このニュースは・・・。

幼い子供たちを、なぜ大人が守ってあげられないのでしょうか。
社会がどうとか、行政がどうとか、そんな難しい話は僕には分かりません・・・。
でも、人間の根源的な感情として、幼い子供たちの命が失われていくのを聞くと、悲しみで涙があふれます。

10月26日
上の24日の日記について、あしあと掲示板にいろんなカキコミがされています。
その中に僕を応援してくれている人が何人もいて、これほど心強く感じたことはありません。
とてもうれしいです。

インターネットは匿名性が高いので、それを悪用して人を誹謗中傷することが頻繁に行われています。
「2チャンネル」などにはそんなカキコミがあふれていて、僕はあそこはとても好きになれません。
「2チャンネル」の独特の言い回しや隠語のようなものがあり、中には僕には意味不明なカキコミもたくさんあります。
僕のサイトが2チャンネルのようにならないことを願っています。

でも、悪質なカキコミをする人はごくごく一部の人であり、ほとんどの人は良識ある方々だと僕は思います。
今は少し悲しいけど、この件では皆さんからの応援メールもいただいていますので、頑張るぞぉ。

10月28日
あしあと掲示板の件では、多くの方々からの暖かい応援をいただきました。
本当にありがとうございました。
あんなことにめげずに、元気でいますから安心してください。
あしあと掲示板も新しく作り直しましたので、これからまた新しい気持ちでいきましょう。
もう掲示板はこれまでに何回作ったことか、数え切れないほどです。

さて、最近というかもうかなり以前からですけど、女性の間ではヨガがブームとか。
電車の中ツリ広告などでしか僕は女性雑誌のことは知らないんですけど、それでもヨガのことについての記事が目に付くようになっているのは分かります。
そして、ヨガはいろんなことにとても効果があるだろうことも想像できます。
健康増進やダイエットに効果があるのは、容易に想像できます。

SMにも同じようなことがいえるかもしれません。
体を普段はしないような格好でねじったり、痛さや熱さ、激しい快感などの刺激を与えたりするので、それはヨガ以上に効果的ではと思います。
僕のSM調教を受けた女性たちがどんどん痩せていき、みるみるうちにきれいになるのをこれまでに何度も経験してきました。
しかも肌の色やツヤがいいんです。
健康になっているのがひと目で分かります。

でも僕のSMは誰にでも経験できるというわけではありませんから、僕の奴隷になる人以外は町のヨガ教室に通うことはいいことです。
最近はブームで、いろんなところにヨガ教室ができているみたいですしね。
そしてきれいになってください。
女性が美しくなるのは、僕は大賛成ですから。

10月29日
僕はヨガはしたことがありません。
でも実は、ヨガにすごく興味はあるんです。
ただ、ヨガ教室の様子をテレビで見たことがあるんですが、ほとんどが女性でした。
そこに僕のようなおじさんか混じったら、当然真っ白い目で見られてしまう。
違う目的で来たんじゃないかと。

しょうがないから、ヨガのDVDでも買おうかな。
ガイド本付きのをね。
そして自分の部屋で一人ヨガをする僕・・・。
とてもイメージができない・・。

10月31日
今日で10月も終わりですね。
何だかあっという間に10月が過ぎていったような気がします。

さて、このサイトには多くのいろんな写真を載せていますけど、実は僕自身が写っている写真というのは、ほとんどないんです。
ごくまれに僕の足を奴隷が舐めている写真に、足だけ写っていたり、フェラの写真に少しだけ写っていたりする程度です。

実際に調教の時は奴隷の写真を撮ることがあっても、自分自身の写真はほとんど撮りません。
だって、僕はそんな自分の写真などおもしろくないから。
でも、僕はどんな感じの人なのかを知りたいという声も、たまにあります。

ご希望があれば、今度、僕の写真を載せましょうか。

                                     


                                                         <SMグッズを買うならここで>