M女の隠れ家                                            <2008年9月の日記>


2008年9月の日記

9月1日

9月1日、防災の日です。
窓の外からは虫の音が聞こえ、秋の気配が感じられます。



この写真は、あのアルファ・インの中でも一番人気の部屋「岩窟王」でのものです。
左足の太股やウエスト部分に、縄の痕が残っています。

岩窟王は、部屋全体の作りがまるで地下牢のようになっていて、磔(はりつけ)やSMチェアなどもあります。
照明を薄暗くすると、ムード満点です。

9月2日
昨晩、福田総理が突然、辞任を表明しました。
昨年9月13日の日記に、安倍前総理の辞任について書きましたが、それから1年も経たずに、また総理大臣が辞任です。
海外から見たら、この国のトップがこんなに短期間に二人続けて辞任することに違和感を覚えるのではないでしょうか。
もう長く日本人をしている僕だって、この辞任表明にとても違和感を感じます。

結局は、ローゼン閣下か・・・。
元オリンピック選手の総理大臣というのも初めてじゃないかな。
織田、豊臣の後の徳川幕府が長く続いたように、安倍、福田の後の麻生内閣は長期政権になるような気がします。
大体、短期政権の後は長いことが多いんですよ。

9月3日
まだ暑い日が続いています。
自民党総裁選挙は、9月22日に投票としいうスケジュールのようです。
もう選挙の結果は見えているんですから、あまり盛り上がらないかもしれません。



アメリカのスタンフォード大学大学院やロンドンへの留学経験から英語はペラペラで、しかもクリスチャンというローゼン閣下こと麻生太郎氏。

自民党総裁選挙もさることながら、アメリカ大統領選挙のほうも面白くなってきました。
共和党のマケイン候補が副大統領候補にアラスカ州のペイリン知事を選んだからです。
これで民主党のオバマ候補との戦いは、かなり接戦になると思います。

僕はアメリカ市民ではありませんが、個人的にはマケインを支持します。
でも、共和党の経済政策は好きではありません。



マケイン候補(右)の応援演説するシュワちゃん。
そして、ミスコン準優勝の経験を持つというペイリン知事(左はし)。



ああぁ・・・。
ここはSMサイトだったはずなのに、いつの間にか政治ブログ化してきているぅ・・・。
SMは、どうした?

9月5日
女性が男の心を掴み取って離さないようにするには、手料理を食べさせることが一番効果があります。
原始時代からの基本的な行動パターンは、狩りをして獲物を取って来た男に、それを料理して食べさせてくれるのは女だったからです。
性欲と食欲という2大欲求のうち、食欲という最大の欲求を満たしてくれる人に男は強く引かれます。

このことは、昨年10月8日の日記にもっと詳しく書きました。

これから食欲の秋です。
調教の時、愛奴が手作りのお弁当を持って来てくれたりすると、僕の心ばグッと掴まれてもう逃れられなくなってしまいます。

9月7日
今日も最高気温が30度を超えています。
残暑が続いています。

先日、スーパーで梨を買ってきて食べたら、すごくおいしかった。
サンマも買って、焼いて食べたんですよ。
これもなかなか美味であった。

スーパーのお魚売り場で、サンマさんが「買ってね。うっふん。」と僕を誘うんです。
サンマさんの誘惑の負けてしまいました。
僕は「うっふん。」に弱いんです。

9月12日
昨日は、あの9.11同時多発テロから7年目の日でした。
この7年で世界の情勢は大きく変化しています。
そして、国内の変化もいろんなことがありました。

僕の個人的なことにおいても、この間の変化はとても大きなものがありました。
いつも思うことです。
「時代はあっという間に変わる。」
時にはたった数ヶ月で、それまで思いもかけなかった方向に流れが変わっていたりします。

そして、変化のスピードは、ますます早くなってきていますし、これからもさらにスピードアップしていくことでしょう。
将来の計画や予定が、いとも簡単に崩れ去ってしまいます。
今のこの状態がこれからも続くとは考えないことです。

今見えている景色が、数年後にはまるで違ってしまっている可能性が高いでしょう。
そんな不確かな将来のためではなく、今現在のために生きようと僕は思います。

9月13日
先月から、小説を書き始めています。
このサイトの「SM小説」の一番下に、「淫虫(いんちゅう)」というタイトルで、書き進めています。
これは完全にフィクションであり、今までのSM小説とは違って実際にあったことではありません。

こういう何もないところからストーリーを書いて造り上げて行くという作業は、実際にあったことを思い出して書くのとはまるで違うということを実感しています。
実際に自分が調教したことを、その場面を思い出しながら書くよりも、ずっと大変です。

しばらくはこれに取り組んでみたいと思っていますが、筆がなかなか進まない。。。
無理せずに、ゆっくりとしたペースで進めていこうと思っています。

9月15日
昨夜の14日は、十五夜でした。
雲もなくきれいな満月でしたので、写真に撮りました。
もう少しクッキリと撮れればよかったんですが、なかなか難しいですね。



僕が中学3年生の時、学校帰りに今頃の満月を見ていたのを思い出します。
補習授業が終わって、川沿いの道を帰る時、空の満月が明るく帰り道を照らしてくれていました。

あれからずいぶんと月日が過ぎました。
いろんなことが変わりました。
でも空の満月だけは、あの頃と同じです。
今日は「敬老の日」です。

9月20日
ある男性から
「縄には部分的にこぶを作って、それを直線に少し浮かせてその縄を、裸の女の子に跨がせて、こぶがあたるように歩かせることをして欲しい」
というご要望のメールが届きました。



たぶん、こういうプレイだろうと思います。
コブを作らなくても、麻縄自体がこの写真のようにザラザラとしていますので、その刺激でもう敏感な股間には十分です。

2枚のラビアの間を通った麻縄の刺激を受け、奴隷が泣きながら僕の命令に従って歩く姿は、とても被虐的です。
足をほんの一歩踏み出すだけでも、とても耐えられないくらいに感じてしまっています。

9月21日
M女のアンケートに、「親父ボヤキの日記はつまらない( 21才〜22才 あり(一人の人と) 1人〜2人 なし )」
というカキコミがありました。

う・・・・。
イタイところを突かれた。
確かにボヤキが多いかも・・・。

        ボヤッキー


     ついでにドロンジョ様


9月25日
麻生内閣の顔ぶれが決まりました。
小渕優子少子化担当大臣は、34才とか。
これからは政治にも女性が大きなパワーを持つようになると思います。

さて、M女性を調教する時、僕の体調や精神状態はいつも万全というわけではありません。
たまには、疲れていることや精神的に弱っていることもあります。
そんな時、M女性は敏感に察知するようです。
僕はそんなそぶりも見せないように努めていたのに・・・。

別れた後で、メールで
「ご主人様…
ぉ疲れのょぅに感じたのですが…大丈夫ですか?」
といわれると、とてもいとおしく感じます。

9月29日
気温が下がって、秋らしくなってきました。
こんな季節は、妙に人恋しくなりします。

ふと遠い過去のことを思い出して、胸が苦しくなるような、そんな切なさを感じたりします。
秋の夜は、とても寂しさを感じます。
誰かと一緒にいたい・・・。
一人ぼっちでいるのが、つらい夜です。