M女の隠れ家

<2011年8月の日記>
2011年8月の日記

2011年8月1日
暑い夏も本番・・と言いたいところですが、ひと頃の暑さから比べると、少し涼しく感じるようになりました。
まあ、それでもこのまま秋に突入というわけではないでしょうから、またいずれ猛暑が戻ってくるのは目に見えています。



さて、10周年記念パーティの準備が着々と進んでいます。
M女性の参加お申込みが22人になりました。
年代別で見ると、
20代が8人、30代が5人、40代が9人 という内訳です。

一方のS男性の参加お申し込みは25人で、同じく年代別で見ると
20代が3人、30代が4人、40代が10人、50代が7人、60代が1人 という内訳です。

やはり、S男性のほうが年代層は上になっていますね。
S男性にはSMについての知識や技術や経験の蓄積が必要ですから、ある程度の年齢になるのも当然かと思います。

当初の男女それぞれ20人ずつという参加予定をオーパーしていますが、パーティ会場は十分に余裕がありますので、この程度なら問題ありません。
男女同数が理想なので、M女性はあと数人まで参加をお受けいたします。

参加のお申込みをされた方には、8月10日頃までには会場のご案内メールをお送りいたします。
あと少しお待ちくださいね。

8月5日
セミがやかましく鳴いています。
夏真っ盛りという感じですね。

さて、M女性の好みが願望というのは、いろんなものがあります。
僕のサイトのM女のアンケートを見ると、いろんな願望があるのがよく分かります。

でも、このアンケートに載っているのはM女性の願望のごく一部に過ぎません。
他にもいろんな秘められた願望を持っているM女性は、多数いると思います。

僕はお会いして調教する前に、相手のM女性にどんなことをして欲しいのか、その願望をお聞きするようにしています。
でも、その時は言えなくても、数回の調教の後で「こんなことをされたい」などとこっそりと言われることがあります。

初めのうちはまだ隠していた願望を、何度か僕の調教を経験すると言えるようになるのです。
そんな秘めた願望を、僕に言ってくれた時、僕はとってもうれしくなります。

8月6日
調教をしている時に、僕は「プチ露出」をたまに楽しむことがあります。
露出プレイそのものは、よほど場所を選ばないと危険を伴いますので、僕はほとんどしたことがありません。

「プチ露出」とは裸で縄で縛った状態で、アルファ・インや温泉地の旅館やホテルなど、安全だと確信が持てるところに限り、廊下や階段やエレベーター前などに連れて行くことを言います。
そこの従業員やお客に万一その姿を見られても、大ごとにならないところに限定しての軽い露出プレイと言えます。

安全が確保されていること、これがSMの大前提です。
だから、安全であるかどうかを見極めてから僕はいろんなプレイを考えます。

どんな人がいるか分からないような公園や屋外でのプレイには、安全が確保されている保障がありませんので、僕は決してやりません。
チンピラに見つかってからまれたりでもしたら、大変なことになりますから。



8月7日
昨日の午前中に、10周年記念パーティの参加お申込みをされた方全員に、会場等のご案内メールを送信しました。
ところが、S男性1名とM女性1名の計2名の方のメールが送信エラーとなって返ってきました。

「User unknown」のエラーメッセージが返ってきています。
参加申し込みをしたのに、昨日の案内メールが届いていないという方は、もう一度僕にメールを送ってください。

僕のメールアドレスは、yayaya@gol.com です。
せっかくお申込みいただいたのに、メールトラブルでご参加いただけないことになってしまっては、とても残念ですから。

8月11日
フジテレビの韓流偏重の番組に対して、ネットでは大きな話題になっています。
そして、他のマスコミ各社がそのことを一切報道していないことに対しても、ネットで批判されています。

テレビ局や新聞などのマスコミ各社は、利益追求の民間企業であると同時に、公正・中立であるべき報道機関でもあります。
この報道機関という使命を担っているからこそ、法律で守られているのです。

ところが法律で守られているというおいしいところだけを得て、公正・中立であるべき報道機関という使命を放棄してしまっているから、批判を浴びるのです。
これは、公益企業であるから地域独占が法律で許されている電力会社も、まったく同じです。
おいしいところだけを得て、公益性という使命を放棄してしまった電力会社は、社会から指弾されます。

マスコミも電力会社も、社会から批判されている構図は、その根本が同じです。
普通の民間企業なら、利益追求のみに走っていてもそれほど大きく批判されることもないでしょう。

でも、法律で特権を与えられている特別な使命を帯びた企業だということを忘れているから、批判されるのです。
使命を忘れた企業なら特権も剥奪する、本来ならそうあるべきです。

にもかかわらず特権を与えた国がそのチェックを怠った、そこにも問題があります。
特権を与えているなら、それに見合ったチェックをしなければなりません。
そのチェックに「やらせ」が入ってしまったことは、この仕組みの根幹にかかわることなのです。

「特権を得て使命を忘れる、特権を与えてチェックを怠る」
これが、今いろんな問題となっていることの根源です。

マスコミをチェックすべき機関は、いったいどこなのでしょうか?
それはちゃんと機能しているのでしょうか?
まさか原子力安全保安院のようになってはいないでしょうね?

8月12日
夏の花と言えば、ひまわりが真っ先にイメージされますが、あさがおも夏の花の代表格です。
ただ、あさがおは早朝に撮らないとしぼんでしまうので、ちょっとたいへん・・・。

だから、早起きして撮ってきました。











この丸く膨らんだのは、何というのでしょうか?
とても可愛いので、これもあさがおのついでに撮ってきました。

ちっちゃくて白いお花に、ぷくって膨らんだ丸いのが可愛い。

8月13日
お盆休みに入って、高速道路や新幹線は大変な混雑のようです。
僕もその混雑の中に飛び込んでいきます。

さて、M女性とお話しをしていると、たまに「お人形」になりたいという方がいます。
「お人形」というのは「奴隷」という意味合いとも少し違うような気がします。

M女性の秘めた願望は、人それぞれに違うものです。
言葉の微妙な違いの中から、その人の心の奥に秘めた願望を探り出します。

そんなことを何年も続けているうちに、言葉に対して敏感になってきます。
M女性の発する言葉、メールに書かれているほんの一言で、僕はその人のM性を理解できるようになりました。

文章がうまいとかヘタということは、まったく関係ありません。
メールに書かれている言葉のひとつひとつから、僕は感じることができるのです。

8月15日
今日は、終戦記念日です。
1945年8月15日に、太平洋戦争が終わりました。

多くの方々が犠牲となり、大変な苦しみと悲しい目に遭いました。
震災のような自然災害は避けようがありませんけど、戦争は指導者が賢明ならば避けることができます。

どのような指導者を選ぶかは、国民が決めることです。
そして「選ぶ」には、正しい情報が必要です。

偏向報道を続ける今のマスコミは、国民が指導者を選ぶのを誤らせるものです。
これは「国民の知る権利を侵害している」とも言えます。

8月17日
緊縛。
多くのM女性が、麻縄で縛られることを望みます。

麻縄で縛っていくと、M女性はその縄の感触に酔い、フラフラになって立っていられないほどの気持ちよさを味わいます。
縛り始めてほんの数分で、もう立っていられない状態になってしまい、僕が縛りを続けるのが難しくなるほどです。

立っている状態のほうが縛りやすいのですが、もう立っていられないほどの場合は、やむなくベッドに寝かせて縛ることもあります。
こんな時の縛りは、縄尻の処理や左右のバランスなどの見た目の美しさは二の次で、まずは時間との勝負です。

M女性が縄に酔い始めているのですから、その酔いを白けさせてはいけません。
いかにスピーディに縛り上げるかが大切な要素です。

素早く縛り終えてから、ベッドで横たわるM女性を、僕はしばし眺めます。
目がとろんとなって、意識もぼんやりとしているほどの縄の快感に酔っている姿は、とても魅力的です。



でも、縄に酔っているM女性を眺めている間も、僕は時間を気にしています。
縛りはそれ自体が体を圧迫する行為ですから、時には危険も伴います。

縛り方とその縛りの強さ、M女性の体質などを考慮しながら、縛っている時間の長さを計算します。
M女性は縄に酔ってしまっているため、自分の体をまともに判断できる状態ではありません。

S男性がすべてを判断しなければなりません。
そして「縄を解く」べき時だと判断したならば、今度もまた時間との勝負です。
いかに素早く縄を解くかが、縛る時以上に大切です。

縄を解くのにモタモタとしていると、その内にM女性の快感が苦痛に変わってしまいます。
最悪の場合は、体に危害が及びかねません。
だから、素早くスパッと解くことが肝心です。

ところが縛る時はまだM女性は立っていることが多いので縛りやすいのですが、解く時にはM女性はぐったりとしてベッドに横たわっています。
そんな状態の縄を解くのは、とても大変です。

だから、縛る時は解く時のことを考えて縛ります。
実は、これが縛りで一番重要なことなのです。

8月19日
今朝は、少し涼しくなりました。
いつまでも続く猛暑に、うんざりしていたところです。

さて、最近は夏場の暑さに負けてしまって、サイクリングに出かける機会が急激に減ってきています。
強い日差しとアスファルトからの輻射熱(ふくしゃねつ)に耐えきれず、気温が下がるまでしばらくはサイクリングもお休みです。

・・・で、秋になったらサイクリングに行けるかというと、秋は愛奴と一緒に温泉に行きたいので、サイクリングに行っている時間が取れなくなるんです。
そんなことなで、僕の自転車はほこりを被ったまま眠っています。
まだ当分は出番がなさそうです。



8月20日
2日前からメールサーバーに、システム障害が発生していました。
そのため、僕あてに送ってくれたメールがその間届いていません。

これまでに、こんなトラブルは初めてです。
僕にメールを送ってくれた方は、すみませんがもう一度送信してください。

8月21日
メールサーバーもようやく復旧し、元どおりにメールのやり取りができるようになりました。
でも、この2日間のメールは、全部消滅してしまっています。
僕にメールを送られた方は、すみませんがもう一度送ってくださいね。

さて、気温も下がってきて過ごしやすくなりました。
ようやくこれで秋が訪れるのでしょうか。

ここ数年、夏の終わりごろに僕は夏バテしてしまっていますので、このまま涼しい秋になってくれると、とてもうれしいです。
今年こそは夏バテでダウンしないようにと睡眠もしっかり取るようにして、いろいろと注意していました。
無事に秋が迎えられるといいですね。

8月23日
大変、残念なお知らせです。
8月26日(金)に予定しておりました10周年記念パーティを中止せざるを得なくなりました。

悪意ある人が、パーティの情報を掲示板に書き込みされていました。
これでは、参加される方のプライバシーを守ることが困難となりますので、とても残念ですが今回のパーティは中止いたします。
このようなことになってしまい、お申込みをされた方々には、深くお詫び申し上げます。

8月24日
震災以降、何かをしなければとずっと考えてきたことをようやく実行するために、2か月間あまりかけて準備を進めてきました。
10年という節目に初めて行う記念のパーティでした。

人と人とのつながりを大切にして、いろんな方と知り合える機会にしたいと思っていました。
パーティではこんなお話しもして、僕の使っている麻縄もみなさんにお見せしてこんなこともしたいなどと、いろんなことを考えていました。

細々とした準備物も、いくつものお店を探し回って買いそろえてきました。
受付用の参加者名簿を作ってこんな手順で受付をして、パーティ会場にはこんなふうにご案内をして、こんなスケジュールで進行しよう・・・などど詳細な計画も作っていました。

仕事から帰ってきて夜中に、悪意ある人が書いた掲示板を見つけました。
1時間ほど何か他に手はないかと考えましたが、いい案が浮かばず止むなく中止という決断をしました。
多くの方が楽しみにされていたこの10周年記念パーティを中止すると決断する時は、とても悔しかった。

でも、そんなことよりも参加される方々の安全が第一です。
プライバシーが守られない可能性ができてしまったのなら、それは決行すべきではありません。
無用のリスクを取ることは愚行です。
こんな場合は、感情に流されることなく冷静にそして素早く最善の策を選ばなければならないのです。

多くの方々から、メールや掲示板への書き込みをいただきました。
励ましの言葉もいっぱいいただきました。
それぞれにお返事できませんので、ここでお礼を申し上げます。

8月28日
先日、テレビでエヴァンゲリオン劇場版が放映されました。
最近ではネットでも見ることができるので、とても便利です。

ネットのものをそのままここに載せることはできませんけど、この曲は好きですので、曲だけ載せますね。



これは、「破」ではなく「序」のほうの曲です。

さて、今回のパーティの中止はとても悔しいけど、新しいことにチャレンジすればいろんな障害が出るのは、当然のことです。
新しいことには、障害はつきものです。

僕は、この程度のことではメゲません。
対策を考えて、再度パーティを企画したいと思います。