M女の隠れ家

<2014年2月の日記>
2014年2月の日記

2014年2月3日
  
    ■僕の腕の中で眠るM女性■
 今日は、節分です。
以前は、節分と言えば豆まきしかなかったんですが、最近は太いお寿司を丸かぶりするほうが主流になりつつありますね。

あれは、僕が子供の頃にはなかった風習です。
だから、とても違和感があります。

関西ののりメーカーが広めた風習だとか。
バレンタインデーもチョコレートメーカーが広めたんですから、メーカーの拡販戦略に乗ったイベントになっていますね。

さて、ずっと以前に調教していたM女性の中で不眠症だという子がいました。
家にいると、なかなか眠れず、眠りもとても浅いと言っていました。



その子を調教している時、調教の合間にホテルのベッドでしばしの休憩です。
ところが、その子はベッドで僕に抱かれ、僕の腕枕のまますぐにグーグーとすごく深い眠りに入ってしまうんです。

ちょっと揺すったくらいでは寝覚めません。
そのままの体勢で、3時間以上も眠り続けています。

枕にされている僕の腕はしびれてきて、感覚もなくなります。
でも、せっかく深く眠っているんですから、我慢しています。

可愛い寝顔を見ながら、どこが不眠症なんだろうて疑問に思いました。
でも、僕の調教の後、帰りの電車の中で爆睡して乗り過ごしそうになったという話はこれまでに何度も聞きました。

調教の後は、M女性は眠くなるものなんですね。
なぜなのかは、僕には分かりませんけど……。

2月5日
    
■○○はうまいけど、××は?■
 ある政治関連のサイトを見ていたら、「選挙には強いけど、行政はあまり得意じゃない」という政治家には困ったものだという内容が書かれていました。
確かに、そういうのが一番困ります。

政治家は、日本の、我々の、未来や日々の生活に多大な影響を与える人たちです。
僕の会社にも、それと良く似た人たちがいます。

「上へのアピールはうまいけど、実務能力は低い」という人たちです。
「仁巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)」という故事もあります。
孔子の言葉で、「口先が巧みで、角のない表情をするものに、誠実な人間はほとんどない」という意味である。
と書かれています。

見た目と実体の差を見抜けないほうにも問題があるのでしょうけどね。
最近、いろんな実例や他のニュースを見るたびに、「人を見る目」がないなあと感じることが多くなりました。

「人を見る目」を養う機会が減っているのでしょう。
それと、若い人たちに「人を見る目」を誰も教えていないように感じます。

「人を見る目」を養うには、ある程度の人生経験は必要です。
でも、体系的に教えていくことも可能な「技術」です。

人生でもかなり重要な技術なのに、それを体系的に学ぶ機会がないというのはとても残念なことであり、社会的な損失だとも感じます。

2月6日
    
■メールしてきた子の絵■
 僕にメールをしてきた女子高生が描いた絵です。
こんな絵のようなことをされたいというメール内容でした。



とてもいいM性を持っていると感じさせるメール内容でしたし、この絵もすごく素敵です。
この絵からは、M性がビンビンと感じられます。

18歳になったらお会いして調教してあげますとメール返信したのですが、それ以降、メールは途絶えたままです。
もし、この絵のような子がいたら、僕のS性は激しく疼くと思います。

この絵を見ているだけで、もうゾクゾクします。
とてもいい絵です。

この絵の技術的な上手い下手は、何の関係もありません。
絵にしても写真や文章にしても、その人の中にどんな思いがあるか、その思いの熱さや強さが、一番大切なんです。

一番大切な核となるものがしっかりと存在していれば、技術的なことなどはどうでもいいと言ってもいいくらいです。
かつて、画家の岡本太郎が「芸術は爆発だ!」とテレビで叫んでいましたが、描き手の心の中に爆発するほどの熱くて強い何かがあれば、それはおのずと絵に現れるものだということです。

そして、その熱くて強い何かはその絵を見る人を感動させます。
万人が感動するということはないでしょうけど、そういう何かに反応する心を持っている人には、分かるのです。

僕はこの女子高生が描いた絵が、とてもよく分かります。
そして僕の心を、激しく動かしています。

2月12日
    
■ワクワクしたい■
 今さらですけども、今年の年頭に、安倍総理が一年の抱負を聞かれ、その中で「ワクワクする一年にしたい」というようなことを言っていました。
僕もまったく同じ思いです。

ワクワクすることが、最近減っていると思いませんか?
もっとワクワク・ドキドキするような日々を過ごしたいと、感じていまいます。

でも、今月は仕事がとっても忙しい。
なかな思うように自分の時間が取れません。

「流されている」と感じます。

2月14日
    
■大雪のバレンテインデー■
 今日は、大雪になってしまいました。
バレンタインデーですけど、天候はそんなことおかまいなしです。

雪の中を歩いていると、不思議な高揚感を感じます。
いつもとは違う世界の中にいるような感覚に襲われます。

白い雪に覆われた景色は、違う次元にいるような感じがします。
そして、僕はいつもどおり何事もなくただの一日を過ごしています。

2月17日
    
■都知事選に大雪にソチに■
 最近の話題と言えば、東京都知事に舛添要一が勝ったことや、2週続けての大雪、そしてソチオリンピックでしょうか。
特に雪の影響が大きくて、ヤマト便なども会社には満足に届きません。

仕事に大きな支障が出ています。
まあ、仕方がないんでしょうけど……。

で、ソチオリンピックはと言いますと、僕は全くテレビを見ておりませぬ。
グーグルのニュースで結果を知るだけです。

今年は特に忙しくて、画像すら満足に検索していませんでした。
そこで、今日、あらためてソチオリンピックの画像を検索してみたら、女子フィギュアで15歳の新鋭が現れたとか。



こういう写真を見ると、ちょっと疼きますね。
日本では18歳未満の子に手を出すと、淫行となって罰せられます。

でも、オリンピックには年齢制限がなく、15歳の子が大勢の人の前で股間を開いても、OKなんです。
「こんな小娘にまで。ソチもワルよのう」
と、あるサイトには書かれていました。

夜遅くまで、こんな小娘たちの股間を眺めていて、睡眠不足だとか。
「いえいえ、お代官様ほどでは」
というのか、この後に続く言葉だそうです。

2月20日
    
■イクということ■
 僕に調教依頼のメールを送ってくれた女性の多くは、それまでイクということを経験していません。
イクということを、知らないのです。

M女性の持っている性癖を理解し、それをしっかりと満足させてあげることができなければ、イクというところにまで至らないのです。
それは普通の(ノーマルな)男性では、不可能なことなのです。

M女性をイクところまで満足させてあげられるのは、本物のS男性だけです。





僕に合うまでイクということを知らなかったM女性が、僕の調教を受けて何度も何度も激しくイクのです。
そういうM女性たちを数多く見てきていると、イクということを知らずに一生を終える女性たちが、とても可愛そうに思えるのです。

2月24日
   
 ■バレンタインイデーからホワイトデーまでの間■
 このバレンタインデーからホワイトデーまで期間というのは、何だかとても静かな時期です。
何もすることもなく、ただぼんやりと時間が過ぎていきます。

窓の外は、温かい春の日差しです。
もう春はすぐそこまで来ています。

春になれば、また人事異動があります。
いつどこへ飛ばされるか、それは全く分かりません。

静かだけど、心の落ち着かない時期でもあります。
サラリーマンの嫌な面を見せつけられる時期です。

2月25日
    
■自分は自分で他人は他人■
 2013年5月8日の日記に、この「自分は自分で他人は他人」ということを書きました。
我々日本人は、常に他人と自分を比較して、自分の行動や考え方までもを決めようとしています。

いつも他人を意識していて、他人の目や意見にも意識が行き過ぎて、時々それに振り回されてしまいます。
そのために、本当の自分を見失ってしまったりします。

本当に大切な人ならば、それは真剣に注意を傾けて、見たり聞いたりしなければなりません。
でも、そうではない、大切でもない人にまで、気を使う必要はないのです。

他人に気を使って、大切な人を疎かにしているという、逆の行動を取っていませんか?
そして、一番大切な人は、もちろん自分です。

自分の中でも「本当の自分」が一番大切です。

「本当を自分」を、ちゃんと見てあげていますか?
「本当の自分」の声を、しっかりと聴いてあげていますか?

2月26日
    
■SMはもともと危険をともなう行為■
 僕のサイトの「M女のアンケート」の最近のコメントです。

 ・首を絞められたい-->いつか首を絞められながらイきたいです。恐怖と期待とか、苦しいのと気持ちいいのとか、そういうのが堪らなく好きなんておかしいですかね?( 18才未満 経験なし 経験なし あり )
 ・縄で縛られてみたい-->なんともいえない。感じてしまうんです( 26才〜29才 あり(複数の人と) 3人〜5人 あり )
 ・狂うほどにバイブやローターでイカされたい-->いつもえっちでイけないので、狂うくらいに( 18才〜20才 あり(一人の人と) 3人〜5人 あり )
 ・ローターでいじめられたい-->ずっといじめられてたいです( 18才未満 経験なし 3人〜5人 あり )
 ・狂うほどにバイブやローターでイカされたい-->興味はすごくあるんですが…1歩を踏みだせない(>_<)( 18才未満 経験なし 1人〜2人 あり )
 ・足で踏まれたい-->ごめんなさいって謝りながらイきたいです( 26才〜29才 経験なし 3人〜5人 あり )
 ・狂うほどにバイブやローターでイカされたい-->恥ずかしい言葉を言われながらイカされたい。その姿を見ていて欲しい。( 21才〜22才 経験なし 3人〜5人 調教希望 )
 ・恥ずかしい言葉を言われたい-->下着姿で縛り上げられて、感じてしまっている私を言葉攻めして欲しいですっ!( 18才未満 経験なし 経験なし 調教希望 )
 ・足で踏まれたい-->踏まれたいです。( 18才未満 経験なし 経験なし あり )


この中では、足で踏まれたいというのが、目につきます。
このアクケートは2006年に作りましたので、もう8年も経っています。

「首を絞められたい」「複数の男性から調教されたい」「足で踏まれたい」の3項目は、昨年の終わりに追加した項目です。
アンケートを作った2006年の頃は、僕もこの3項目までは思い至りませんでした。

僕の調教しているM女性から要望があったので、項目に追加したのです。
「足で踏まれたい」という願望を持っているM女性は、意外と多いと感じましたけど、それは嫌というM女性もかなりいると感じています。

こういう行為は、人によって好みが大きく違うものですので、事前に聞いておく必要があります。
複数の男性から調教されたいという願望を持っているM女性も、それほど多くはありませんが、います。

ただ、複数の男性となると、どういう男性を選んだらいいのか、調教場所はどこで、いつ、などの調整が必要で、何度かチャレンジしたのですが、かなり難しい。
この項目は、まだ一度も実現していません。

「首を絞められたい」という願望を持っているM女性は、相当数いると思います。
これは、とても危険な行為ですので、僕もすごく注意を払います。

首を絞められながらイキたいというM女性もいます。
その時は、僕はM女性の様子を真剣に見ています。

そして、僕は絶対に自分の手でM女性の首を絞めます。
縄や首輪などの道具は、決して使いません。

自分の手だと、首を絞めている時に感覚で分かるし、すぐに緩めることもできますが、道具を使っているとそうはいきません。
SMはもともと危険をともなう行為です。

だから、絶対に守らなければならないのが「安全」です。
首を絞めるという行為は、この「安全」を確保するために、何度か調教して相手のM女性のことを十分に知った後でないと、僕はしません。

時には「もっと強くして」と言われることもありますが、安全を守るためには、その要望は受け入れられません。
何よりも安全が確保された上でのSMです。

2月27日
    
■菜の花の記憶■
 この季節には、大好きな人と菜の花を見た記憶がよみがえります。
あの黄色い菜の花が、まだ浅い春の日差しの中で風に揺れていました。

あれから、どれだけの時間が過ぎただろう。
あの柔らかな春の光は、黄色い菜の花をとてもきれいに見せていました。



とてもとても大切な思い出です。
大切な人につながる菜の花の色。

もう戻らない時間。
でも、大切な人の記憶は、ずっといつまでも僕の心の中にあります。
黄色い菜の花の記憶とともに。