M女の隠れ家

<2018年7月の日記>
2018年7月の日記

2018年7月3日
  
      ■僕の好きなもの■
 調教する時に、僕の好きなものが3つあります。
Tバックのショーツ、そして太ももまでのストッキング、そしてパイパンです。



調教で、その僕の要望どおりにしてきてくれた子は、とってもいじらしく思います。
Tバックのショーツや太ももまでのストッキングをお店で買うという行為だけでも、とっても恥ずかしかったはずです。

さらに、そんな恰好をして僕の前に立たされているという状況は、もうそれだけでもM性を疼かせるものです。
赤い首輪を付けられ、鎖のリードをホテルの梁についたフックにきっかけられたまま、僕のカメラの前に立たされているのです。

これからいやらくて恥ずかしい調教が始まります。

7月4日
      
■アルファインの部屋で首輪を付けられて■
 SM専門のホテル「アルファイン」の少し薄暗い部屋の中で、首輪を付けられ立たされている女の子の姿は、とても被虐的でゾクゾクするものがあります。
恥ずかしさで両手で胸を隠しているのに、僕は冷たい声で命令します。

「右手を後ろに回しなさい」

僕の命令を受けると、女の子はそれに従わなければなりません。
片手では、おっぱいを全部隠すのは無理です。



7月6日
      
■両手を後ろに回して■
 僕の奴隷になって調教を受ける子は、僕から命令されたなら、答えはただひとつ。

「はい、ご主人様」
これだけです。

「次は左手も後ろに回しなさい」
僕は命令しました。



手で隠していたおっぱいは、もう丸見えになってしまいました。
薄暗い振るファインの部屋で、僕のカメラのフラッシュが光ります。

「顔をちゃんと上げて」

「はい、ご主人様…」
奴隷は、僕の命令に恥ずかしさをこらえて従うしかありません。

「ようし、いい子だ、僕の命令にちゃんと従えるようになったな」

「…はい」

「では、僕の言いつけどおりにパイパンにしてきたかな?」

「…」
返事がありません。

「それじゃあ、そのTバックのショーツを下ろして、中がどうなっているのか見せてもらおうか」
僕の言葉に、またうつむき恥ずかしさで手の指に力が入っているのが分かります。



「よし、綺麗にパイパンにしてきたな。それじゃあ、そのオマンコがどうなっているのか、確認させてもらおうか」
そう言って僕はパイパンのオマンコの割れ目に指を這わせていきました。

「う…」
僕の指の動きに反応して、小さく声を漏らします。

7月9日
      
■さあ、次は股間縄だ■
 パイパンのオマンコの中はもうヌルヌルになっていました。

「なんだ、これは? いつもこんなにオマンコをヌルヌルにしているのか?」



「いやぁ…」
恥ずかしさで、小さく声を漏らしました。

「こんないやらしいオマンコにはお仕置きだな」
僕はそう言って、麻縄を取り出してパイパンのオマンコのラビアの間に2本を通して縛り上げて行きました。



この股間縄の縛り方をされると、足を動かすたびにラビアの間を通された2本の股間縄が動いてオマンコを刺激する仕組みになっています。
ヌルヌルになっているラビアの間を通された2本の股間縄が、足の動きに合わせて動くのです。

7月11日
      
■トランプ大統領がNATO諸国に国防費のGDP比2%を要求■
 今日からトランプ大統領はブリュッセルで行われるNATO首脳国会議に出席するため、ヨーロッパを訪れています。
そこでトランプ大統領は、NATO諸国に国防費をGDP比で2%以上にするように各国にあらためて要請する予定です。

NATOとは北大西洋条約機構のことで、ソ連などの東側陣営に対抗するために作られた西側のヨーロッパを中心とする軍事同盟です。
NATO加盟国は、ヨーロッパの国を中心として29か国あり、下の絵のような国々です。

加盟した年によって色分けしています。


この国々に対して、トランプ大統領は国防費をGDP比の2%以上にするように要請している訳です。
でも、実はこれはトランプ大統領が初めて言い出したわけではなく、2014年にすでにNATO各国はGDP比の2%以上にすることをアメリカと約束していたのに、今までずるずるとその約束を実行してこなかっただけなんです。

だから、トランプ大統領に表立って反論することは難しいのです。
29か国に及ぶ軍事同盟ですから、国防という観点からは単独国家よりもはるかに国防の力は強いものがあります。

それなのにGDP比で2%以上を求められているのです。
一方の日本は、アジア地域ではどこの国とも軍事同盟を結んでおらず、地域内の軍事同盟のない単独国家ということです。
(唯一アメリカとだけ同盟を結んでいます)

そんな単独国家でありながらも、防衛費をGDP比で1%以内に抑えるというのは、世界的に見ても明らかに異常に低すぎると見られています。
グローバルに見て、日本はもう1%枠を外す時に来ていると考えます。

7月15日
      
■本物のS男性を見分ける方法■
 マスコミなどでは「ドS」とか「S男」などという言葉が流行り、普段の振る舞いや言葉遣い、服装や持ち物などから彼がSかどうかを見分けることができるかのように言われています。
オレオレ的な言動をする男性を、S男性だと勘違いしている人もよく見受けます。

でも、ここできっぱりと言います。
オレオレ的な言動をする男性に、本物のS男性は一人もいません。

逆に本物のS男性は、普段はとても紳士的で思いやりのあるやわらかい感じのする人が多いものです。
そんな普段の姿からは、その男性がSだとは誰も気づきもしないことでしょう。

そして、本物のS男性は普段はSM的なことは決して口にしません。
むしろひた隠しにしているものです。

だから、結論は「本物のS男性を見分ける方法」は存在しません。
残念ながら・・・。

7月17日
      
■朝日新聞が嫌われる本当の理由は■
 週刊現代に、作家の橘玲が記事を書いています。

「朝日ぎらい」な人々が世界各国で急増している理由

朝日新聞の読者はほとんど日本国内にしかおらず世界各国で読まれているわけではありませんから、世界各国で「朝日ぎらい」が急増するはずもありません。
タイトルの付け方に、間違いがありますね。

この記事ではリベラルだとか右傾化だとかアンチ安倍などといった政治的な側面で「朝日ぎらい」が増えている理由を述べていますが、僕はそうは思いません。
朝日新聞が嫌われる最大の理由は、うそつきだからです。

2つの吉田報道事件(朝鮮の従軍慰安婦での吉田報道と、福島原発事故での吉田所長報道で虚偽の報道をしたこと)に見られるように、朝日新聞の虚偽報道や記事のねつ造があまりにも常態化しており、うそつきの常習犯でそれが目に余るからです。
うそつきが嫌われるのは、ごく当たり前のことです。

韓国も世界中からうそつき国家と言われており、韓国人が嫌われるのも朝日新聞が嫌われるのも、全く同じ理由からです。
だから、韓国が嫌いだという人と朝日新聞が嫌いだと言う人は、重なっていると思います。

世間によくあることですが、うそつきは自覚症状がないというのも、嫌われる原因のひとつです。
自分がうそをついていて、それが他の人から嫌われているということを、全く自覚できないのです。

逆に「嫌われ者同士は仲がいい」というのも、よくあることです。
韓国人と朝日新聞は、その性質がとてもよく似ています。

7月19日
      
■リアルなM女の隠れ家■
 この「M女の隠れ家」はネットの中だけのものですが、いつかリアルな「M女の隠れ家」を作ってみたいという思いを僕は持っています。
小さな喫茶店かレストランの空き店舗を居ぬきで借りて、そこを「M女の隠れ家」にするのです。

訪れてくれた人には、コーヒーか紅茶、お菓子などを提供しますが、それらは全て無料です。
営利目的ではありませんので、飲食業の営業許可も取りません。

つまり、ただの個人の家に人が遊びに来ているだけというわけです。
来てくれた方といろんなおしゃべりをして、僕はそれを楽しみにします。

そこには、僕の使っているSM道具や写真なども展示して、訪れた方に自由に見たり触ったりしてもらいます。
調教写真のアルバムを何冊も作って自由に見てもらいます。

調教写真館と同じようなものですね。
まさに、このサイトのリアル版というわけです。

経費は家賃と水光熱費や雑費などの維持費込みの合計で、月20万円くらいで収めたいと思います。
それらは僕の持ち出しになります。

このサイトも有料サーバーを借りていて、年間6万円ほどかかっています。
リアルの場合は、年間240万円くらいかかるわけですね。

初期費用はできるだけ少なくしたいので、手頃な居ぬき物件を見つけるために専門業者を使います。
もう内装レイアウトまで僕の頭の中に出来上がっています。

しばらくやってみて、あまりに楽しくなかったら止めちゃいます。
年間240万円+初期費用くらいが、僕としての持ち出しの許容範囲です。