M女の隠れ家                                            <小説 淫虫−9>


第9話 二人の絶頂 

奈津美が昭のペニスを求めて、ベッドの中で手を動かしている。
ペニスを探り当てると、奈津美は少し微笑んだような表情になった。
大きく固くなっている昭のペニスを手でさすりながら、奈津美は自分の腰をそこに押し当ててきた。
奈津美がベッドの中でこんな淫らな行為をするとは、昭はまったく予想もしていなかった。

「よし、入れてやろうか」
昭はそう言って、奈津美の体の上にいつもと同じ体勢で覆いかぶさった。
奈津美のスラリとした白い足を大きく押し広げて、その真ん中にペニスを突き立てて行く。
ペニスの先端が奈津美の一番敏感なところに当たった瞬間、奈津美の体がビクンの反応した。
「ああぁ」
そのまま昭は、奈津美の中にコンドームの装着されたペニスをゆっくりと押し込んで行く。
「うう」
いい気持ちだ。
奈津美の中はいつもに増して、今日は特に気持ちいい。
奈津美の中に深く挿入すると、奈津美は昭の腕を強く握った。
昭は、その体勢のままゆっくりと腰を前後に動かしていく。
快感が昭の体を熱くする。
「ああっ、あっ、あ・・・」
昭が腰を動かす度に、奈津美はその動きに反応して声を漏らした。

深くしたり浅くしたり、左右に腰を動かしたりして、昭は奈津美の中を楽しんでいく。
早く動かしたり、深く挿入したまま少し動きを止めたりして、昭は奈津美の反応も楽しんでいる。
奈津美はいつも以上に強く感じいているのが、昭にはよく判った。
奈津美の反応を見ているだけでも、興奮する。

「あぁぁ」
奈津美が絶頂に近づきつつあるようだ。
その声のトーンが変化している。
その声に応えるかのようにして、昭は腰を激しく振った。
突然、奈津美が昭が体を強く抱きしめてきた。
奈津美の華奢な体のどこにこんな力があるのだろうと不思議に思うほどの強い力だ。
「うっ・・」
昭は奈津美から抱きしめられて、逃れられないほどの力強さに声を漏らした。
その直後、奈津美の中に挿入しているペニスの先端に、これまで経験したこともない感触が襲ってきた。
ゾワゾワゾワっと、まるでペニスの先端が何かに包み込まれるような不思議な感触だ。
その感触がすさまじい快感を昭に与えた。
「あうっ」
昭が反射的に腰を引こうとすると、奈津美の腕の力がさらに強くなって、昭の体を羽交い絞めにした。
奈津美に抱きしめられて、昭はその体勢のままどうすることもできなくなった。
ペニスの先端は、包み込まれるような感触とすさまじい快感だ。
逃れられない、そんな体勢のままで昭の全身に激しい電流のようなものが走り、ペニスの中を精液が強く通り抜けて行った。
ドクン、ドクンと、何度か精液の放出があった。
昭の精液の放出と同時に、奈津美も絶頂を迎えていた。
奈津美は全身に強く力をいれたまま、頭をのけぞらせてグイッ、グイッと強く昭を引き寄せている。
「・・・・・・・・」
無言のまま、奈津美は息を止めて絶頂に達している。
いつまでこんな状態が続くのかと昭が不思議に思うほどの長い時間、奈津美の体は硬直したまま止まっていた。
「はあぁ」
大きな呼吸が戻ってきたのと同時に、奈津美の全身から力が抜けていった。
昭の体を羽交い絞めにしていた腕も、力がなくなったかのようにパタンとベッドの上に落ちた。

これまで何度も奈津美とセックスをしたが、これほど激しいのは経験したことがない。
奈津美に異常な興奮をもたらしたものが何かは分からないが、これまでにない不思議なセックスだった。
奈津美は絶頂に達した後、そのまま意識を失った。
昭は自分の体が熱く感じられ、汗が滴るほどに吹き出していた。
意識を失っている奈津美の体から、ゆっくりとペニスを抜き、奈津美の体から離れた。
ベッドから起き上がって、ペニスに装着してあるコンドームをいつものように剥がそうとした時、昭は驚いた。
いつもならコンドームの先に白い精液が溜まっているのに、コンドームの中には全く精液がないのだ。
「どういうことだ?」
あれほどの激しく射精したのだから、たっぷりと白い精液がコンドームの中に溜まっていていいはずなのに、一滴もないとは。
昭が不思議に思って、外したコンドームをしげしげと眺めていると、その先の部分が破れているのが分かった。
「まさか」
いつも使っている大手メーカーのコンドームで、これまで一度も破れたりしたことなどなかった。
普通にセックスをしていてコンドームが破れたなどという話は、聞いたこともない。
破れたコンドームと、全く残っていない精液。
これが意味することは、昭の精液は奈津美の体内に放出されてしまったということだ。
意識を失ったまま深い眠りに落ちて行き、今はスースーと寝息を立てている奈津美の寝顔を眺めながら、昭は疲れた頭の中で迷っていた。
このことを奈津美に言うべきかどうかを。

これまで何度も奈津美とセックスをしたが、これほど激しく絶頂を迎えたことはなく、またそのまま失神してしまったことなど一度もなかった。
失神から深い眠りに落ち、たっぷりと満足したかのような表情でベッドでスースーと寝息を立てている。
その横で昭はしばらく迷っていたが、疲れた頭では考えもまとまらなかった。
結論を出せないまま、昭もベッドの中で眠りに落ちて行った。
暗い闇の中を、どこまでも続く道を車でドライブしている夢を見た。

翌朝、ベッドの中で昭が目覚めると、そこにはもう奈津美の姿はなかった。
疲労がまだ残っているかのようなふらつく足取りでリビングに行った。
リビングのテーブルの上には、奈津美の書いた紙が置いてあった。

昨夜はありがとうございました。
すごく興奮しました。またしてください。
                      奈津美